不妊治療にしっかり効く自分に合った漢方がオススメ!

不妊

漢方が効く不妊の症状

不妊治療に漢方がいいと言われています。しかし、まずはその不妊の原因を特定するところから不妊治療は始まります。不妊の原因は様々で、また人それぞれです。まずはクリニックで適正な検査を行ったり、基礎体温表をしっかりつけるなどして現在の体の状況を正確にとらえる必要があります。
検査の結果、卵管障害や子宮筋腫がなどの「器質性不妊」の場合は漢方の効果は期待できません。適正な医療機関での治療が優先されます。しかし、不妊の原因がホルモンバランスであったり、体質や精神的なものの場合に漢方は多く用いられます。
漢方の体質改善の効果や、ストレス軽減、冷えや貧血の改善目的で多く漢方は使われています。漢方は個人個人の体質や現在の症状によって処方は変わります。むやみに服用すると、副作用を起こす場合もありますので注意して服用する必要があります。
当帰芍薬散、桃核承気湯などは血行不良のための冷えや貧血に用いられ、補中益気湯、加味逍遥散は気力の低下のための食欲不足などに使用されます。また六味地黄丸、八味地黄丸などは精力減退などに使用されます。このように、漢方は直接不妊治療をするというよりも、妊娠しやすい健全な体づくりに用いると考えられます。